肌を乾燥から守る洗顔法と保湿ケア

肌を乾燥から守るために、保湿クリームなどによる保湿ケアに力を入れがちですが、正しい洗顔方法を行うことも大切です。
肌を乾燥させにくくするためには、ぬるま湯で洗顔することがポイントとなります。熱いお湯で洗うと、洗い上がりが乾燥しやすくなり、水分が皮膚から失われがちになります。また、熱いお湯で洗うことことで、必要な皮脂まで洗い流してしまい、より乾燥を進行させてしまいます。
保湿13
また、やさしく洗うことも大切です。ゴシゴシ強い力で洗うと、皮膚の表面を傷つけてしまい、そこから水分が失われてしまうことになります。洗顔剤はしっかりと手のひらで泡立ててから、泡で顔を洗う感じで、やさしく洗うことがポイントとなります。
洗顔後のタオルドライにも注意が必要です。タオルでゴシゴシ擦ると、皮膚の表面を傷つけてしまいますので、やさしく押さえる程度にして、しっかりと水分を拭き取ります。

 

その後、できるだけ早く化粧水で水分を補給し、乳液やクリームを塗って、水分を保持するためのバリアを作ります。特に乾燥しやすい口角や目元などは2度塗りすると、より効果的に保湿することができます。