お風呂場でひと手間!冬の肌保湿

冬になると、お肌の乾燥気になりますよね。お風呂に入っているときお風呂上がりのひと手間で、気になる乾燥を防ぎましょう。
保湿6
まず、お湯の温度はややぬるめに感じる温度に設定します。(40度以下が理想)。そして体を洗うときにはタオルなどでゴシゴシ洗わず、泡立てた石鹸やボディーソープの泡で撫でるように洗いましょう。
また入浴する場合は、浴槽に保湿効果のある入浴剤か、オリーブオイルを小さじ半分ほど入れます。さらに、お風呂から上がってすぐ、まだ体が濡れている状態で手持ちの保湿クリームやスキンケア用のオイルを乾燥が気になる箇所に塗ります。(オイルの場合、オリーブオイル、特にニキビなどの肌荒れが気になる場合はホホバオイルがおすすめです。)そして、タオルでポンポンとやさしく叩くように、水気をとったら普段通り服を着ます。その後、特に乾燥がひどいところには重ねて保湿クリームやローションを重ね塗りします。

 

お風呂に入っている時に気をつけることは、体の必要な皮脂を落としきってしまわないこと。それに、濡れてしまった体は一刻も早く保湿することです。
この二つのポイントを意識しながら、以上の内容を試してみてください。今までの肌の乾燥からくる悩みが解消されるかもしれません。