冬の保湿対策・洗顔を気を付ける事・控えめにする事

冷暖房の発展などもあり、年間をかけての乾燥対策は必要なのですが、やはり冬のお手入れは、さらなるケアが必要な事もあります。いつもやっている洗顔料もやはり肌が突っ張らないような洗顔料を使って行く事はもちろんなのですが、余りにもしっとりしすぎてしまう物もかえって逆効果になってしまう事もあります。
保湿4
丁寧に洗顔をすればするほどに、肌を乾燥させてしまった経験のある方も多いと思うのですが、洗い方にも問題があると、やはり肌の潤いまでも落としてしまう事になり、肌荒れを導いてしまう事も多くあるのです。ですので出来るだけ泡をしっかりと立ててから使うのはもちろんの事、使うお湯の温度も低めにするなど気を配った方が良いのです。

 

しかしあまりにも肌荒れを繰り返し、乾燥してしまう場合などは、洗顔自体をお休みする事も肝心です。特に、朝のうちにあまり脂っぽいと感じなければ洗顔をする必要はありませんし、水で少し流しておくだけでも洗浄効果はあります。気になる場合にはTゾーンの身を軽く洗顔料の泡で洗い流すだけでも良いのです。このように洗い方を少し注意する、さらに洗いすぎない事により、肌の乾燥を防ぐ対策にはなるのです。